So-net無料ブログ作成

塞翁馬を失う、焉んぞ福に非ざるを知らん 

塞翁失馬,焉知非福     「淮南子」

塞翁馬を失う、焉んぞ福に非ざるを知らん

人生は何が幸福を招き、何が禍につながるか予測がつかない。

だから、むやみに喜んだり悲しんだりしてはいけない。

※※※
人間万事塞翁が馬
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

己を正しうして人に求めざれば、すなわち怨みなし

正己而不求於人則無怨    -「中庸」

己を正しうして人に求めざれば、すなわち怨(うら)みなし

自分の姿勢を正し、何ごとが起ころうとも、自分の責任で処理し、人のせいにはしない、人に求なければ、怨みに思うこともない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

喜びに乗じて諾を軽しくすべからず

不可乗喜而軽諾 -「菜根譚」

喜びに乗じて諾を軽(かろがろ)しくすべからず

※※※
不可乗喜而軽諾、不可因酔而生嗔、
不可乗快而多事、不可因倦鮮終

喜びに乗じて諾を軽(かろがろ)しくすべからず、
酔に因って嗔(いか)りを生ずべからず、
快に乗じて事を多くすべからず、
倦(けん)に因って終わりを鮮(すく)なくすべからず

機嫌のよいときに安請け合いをするな。
酒に酔って怒りを爆発させるな。
いい気になって仕事の手を広げるな。
嫌気がさしてしめくくりをいいかげんにするな。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

重賞の下には、必ず勇夫あり

重賞之下、必有勇夫。    -「孫子」

重賞(じゅうしょう)の下(もと)には、必ず勇夫あり。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

月満つれば則ち虧く

月滿則虧   -「史記」蔡沢伝

月(つき)満(み)つれば則(すなわ)ち虧(か)く

満月は必ず欠ける。物事は盛りに達すれば必ず衰えはじめるというたとえ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

可を見て進み、難きを知りて退

見可而進、知難而退 -「呉子」

可を見て進み、難きを知りて退

有利と見たら進み、不利と見たら退く


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

礼は往来を尊ぶ

礼尚往来 -「礼記」

礼は往来を尊ぶ

往いて来らざるは礼にあらず、来たりて行かざるもまた礼にあらず

礼儀は謙虚さを持ち、互いに往来することが大切


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

一労永逸

一労永逸 -北魏 賈思勰(カサヒョブ)<齊民要術>

一労永逸 (いちろうえいいつ)

一度の苦労で永久に楽をする

※※※
一度苦労すれば、その後長くその恩恵を被り、安楽な生活を送ることができること。
また、ほんの少しの苦労で、多くの安楽が得られること。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

書中に黄金の家あり、書中に玉の如し顔あり

書中自有黄金屋,書中自有顏如玉。 -「勧学歌」 

書中に黄金の家あり、書中に玉の如し顔あり

※※※
本を読んで勉強すれば、黄金の家が手に入り、玉のような美人も手に入るぞ



※※※
「富家不用買良田,書中自有千鍾粟」
(家を富ますに良田を買うを用いず、書中自ら千鍾の粟あり)。

「安居不用架高堂,書中自有黄金屋」
(居を安んずるに高堂を架するを用いず、書中自ら黄金の屋あり)。

「出門莫恨無人随,書中車馬多如簇」
(門を出づるに人の随う無きを恨む莫れ、書中車馬多くして簇るがごとし)。

「娶妻莫恨無良媒,書中有女顔如玉」
(妻を娶るに良媒無きを恨む莫れ、書中女有り顔玉のごとし)。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

鸣かなければそれまでだが,ひとたび鸣くと人を惊かす。

不飞则已,一飞冲天;不鸣则已,一鸣惊人。  《史记~滑稽列传》

飞ばなければそれまでだが,ひとたび飞び立つと天を冲く。
鸣かなければそれまでだが,ひとたび鸣くと人を惊かす。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。